2010年12月15日

私の考える訓練

PC099058.jpg
私の考える訓練は、穏やかな目で落ち着いて飼い主さんの命令は服従性を
もって従う事です。びくびくしていたり 目がしょぼくれててはダメ。
おやつがあるからやるではダメ。ぎらぎらしてても困る。
ただ座れ、伏せなどが出来るだけでなく、喜んで正しく服従する事が
大切だと思います。
そのためには 厳しい指導もあります。それを乗り越えて服従し、
タイミングのいい褒めが通じた時 
穏やかな顔になり 楽しい指示に変わります。
そして アイコンタクトをしたがる人好きになります。

服従させて カフェでお茶をしていた飼い主さんが 
同じ大型犬飼いさんに言われたこと、、、

可哀想に! 伏せてまってるなんて!もっと自由にさせてあげたらいいのに!
うちのは ばたばた元気で人間大好きだからすぐに飛びついて喜ぶのよ〜! 
可愛いでしょ〜? 

ー□ー;;; パンチ

そんな飼い主さんが多い世の中で 訓練をいれることを悪と考える方もいます。



でも 私は 訓練された犬が 自信がついたことによって穏やかになり 
ゆったり生活できることを知っています。
ゆとりの10数年を過ごせます。
それは 一貫性をもち決めたことはやらせる。今日はいいけど明日はダメってことのないよう。
そして 命令「だけ」ではなく 愛情をもった接し方で褒める時は褒め 
自信をつけさせるのが一番だと思います。しかし、むやみに褒め尽くすのもよくないと思います。
タイミングとメリハリです。

犬が好きな人ばかりとは限りません。
周りにも気をつかい 安心な犬を連れ歩く 好かれる犬飼いになりたいものです。
posted by たろアトママ at 17:43| 日記